2018年2月23日 (金)

誇り高きチームジャパン

02/23   チームジャパンのメンバー全員が年間300日以上に及ぶ合宿や遠征で練習を重ね一糸乱れぬ隊列での滑りを体得し、五輪の大一番でも戦略通り息の合った見事な連係で金メダルに輝いた。
決勝に進出し底力を発揮した道産子3選手の活躍は、次の舞台への飛躍に繋がって欲しいと願う。カーリング女子のLS北見も決勝進出を決めた、持てる力を存分に発揮して念願の金メダルに輝くことを願う・・・・・。

01
02 03

| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

輝く金メダル

02/22      "  燃えろ 道魂  輝け 金メダル "
高木姉妹はじめ道産子選手が出場する平昌冬季五輪スピードスケート女子団体追い抜き競技が21日夜、準決勝と決勝が行われた。「金メダル大本命」と言う、重圧の中、一糸乱れぬ隊列を保ち、2分53秒89の五輪新記録をマークして、強敵オランダを破り、金メダルを獲得し両手を突き上げ歓喜に湧いた。 これで日本冬季最多の11個のメダル獲得、そのうち高木美帆選手3個のメダルに輝く。高木姉妹は2010年バンクーバ五輪以来、互いに刺激し合い、切磋琢磨して成長し、今回ふたりは初めてそろい踏みする大舞台で、両親の、声援を受けて息の合った滑りで大快挙を達成した。
永らく、絶え間なく金メダルに向って努力して輝く金メダルの獲得にリスペクトを表します。
201822201jpg_2

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

ふくろう観察

02/17     近時絶え間なく暴風雪警報が発せられ、吹きだまりによる交通障害に注意するよう呼び掛けられている。
午後、数時間の晴れ間がある予報をチャンスと捉え、過日訪れ初対面したウクロウさんの様子を伺えにMさんと出掛ける。夜行性のフクロウは目を開けたり閉じたりしているが、夜には鋭い目と爪で哺乳類など捕獲して捕食しているのだろう・・・単独で木の洞穴を住処として私達を見ている容姿が可愛いく感ぜられました。
107 108 105
101 103 102

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

ときめき

02/16   PyeongChang2018 スピード女子1000に日本が誇るWエースの銀・銅、スノボHPの 銀、複合NHの 銀 と14日の日本はメダルラッシュに歓喜が湧いた。
「ときめき」・・・期待や喜びを感じるときに使われるようになった気がして・・・・・
チョコレートを買う乙女を見ながら、昔のときめきを思い出して、春まだ遠い、リニューアルオープンした百合が原公園にある温室「緑のセンター」に出掛けました。
オープンを記念して、雪割草、アザレア、ランの展示会が始まっており、常設のツバキなどの花々が咲き誇りチョット早い、春の息吹を感じさせている。
102_1024x683 105_1024x683
209_1024x768 207_1024x768 216_1024x683
302_1024x768 310_1024x683

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

極寒のPyeongChang

02/13   平昌冬季五輪第4日の12日、日本のメダルラッシュに沸いた。
                極寒と強風に戦え、勝利へ執念の表彰台。
高木 美帆 スピースケート女子1500m 1分54秒55 『 銀 』 獲得
    「 悔しいけど、 すごい誇り 」
高梨 沙羅 スキージャンプ女子(ノーマルヒル) 103,5m・103,5m
                  243,8点 『 銅 』 獲得
    「 弱い 自分を克服 」
101 102
106 108 114
202 203

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

PyeongChang 2018

02/11   「結ぶ つなぐ 未来の世界」 平昌五輪開幕
第23回冬季オリンピック平昌大会が9日夜、韓国北東部の平昌の五輪スタジアムで開会式が行われ、開幕した。アジアでは1972年札幌、1998年長野に続く3度目の冬季大会で、過去最多となる92か国・地域、2900人超の選手の参加となりました。式典は平和の重要性をテーマにした演出で、フィギュアスケーと女子のバンクーバ五輪の金メダリスト、キムヨナさんが聖火台に点灯した。大会は25日まで、7競技102種目を実施する。「記念にTV観賞して撮りました」

001 002
005 003 004_2
006 007 008

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

余寒料峭

02/08    北陸地方は記録的な大雪が断続的に降り続き56豪雪災害(S56年)以来の大雪に見舞われ各地で立ち往生車両で交通がマヒ正体が続いている。本道も低気圧の影響で日高管内、農家のハウス損壊など被害が発生している。雪まつり開催中の札幌は寒気が続いているが曇り時々晴れの天候に恵まれている。昨日、午後の晴れ間をみて、大通り会場を一巡してきました。昼間は精巧な雪像を観察できますが、氷像など来場者の趣向に気配りしてプロジェクションマッピングの投影やライトアップされた会場散策は魅力大なるものを感じました。

020803_3 019_3
017_2 018_2 020_2
020801_3 020802_3
033_2 035_3 036_2
020804_2 020805_2

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

さっぽろ雪まつり

02/07    予想以上の穏やかな冬日に恵まれた昨夕、さっぽろ雪まつり大通会場で今年で6回目となる大雪像へ映像を投影するプロジェクションマッピングの迫力ある映像の撮影に出向きました。
竜の口から火がでるような映像が映しだされた「ファイナルファンタジー14「白銀の決選」、仏像や経典などが投影された「奈良・薬師寺 大講堂」に大勢の観客者と見入っておりました。
大雪像「バーンスタインが遺した音楽祭・PecificMusic Festival」の投影を撮ることできなかった。
107 109
110
123 124

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

立春・寒明け

02/04   立春、寒明けと言われる今日も、記録にない程の大寒波と大雪が北上してくる警戒情報で、そのまえにチャンスと捉え、野鳥観察に嵌っているNさんにお願いして、梟(フクロウ)の観察に出掛けました。
5年ほど前に、野幌森林公園で見て以来で激しく感激しました。
myカメラでは、好く撮れませんでしたが「森の物知り博士」、「森の哲学者」と言われるフクロウさんは何を考えているんだろう・・・
101_768x1024 102_768x1024 103_768x1024
106_1024x768_3 206_1024x683_2 107_1024x768_2

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

氷 瀑

02/03      今日は節分、ガキの頃、豆まきと言ったら煎った大豆でした。
日本一大豆産地の北海道は落花生をまくようになって久しい。
寒い朝、滝野すずらん丘陵公園渓流ゾーンにあるアシリベツの滝に今年初めて訪れた。大寒の厳しい冷え込みが続き、滝のしぶきが氷結して氷瀑という現象が見られました。天気の好い朝には、日の光を浴びてキラキラ輝く神秘的な滝の光景が見られるというが、今日は曇り空で残念でした。「日本滝100選に選ばれているアシリベツの滝です」
204_768x1024 210_768x1024 211_768x1024
106_1024x768 108_1024x768 303_1024x768
309_1024x683 310_1024x768 402_1024x768

という現象が見られました

| | コメント (0)

« しばれる