2017年8月17日 (木)

黄蓮華升麻

08/17    1997年、四国山地、剣山に自生している「キレンゲショウマ」を初見した・・・・・。先年、思わぬ近くで開花している黄蓮華升麻を発見して以後、毎年開花のチャンスを狙っている。今年も樹芸センターで開花した一輪を見つけ、三回目の今日は、一脚で狙い撮りしました。心持ち手振れもなく撮れたものと自画自賛している。筒状の黄色い花が下向きに咲き、花弁は5枚で肉厚、平開きしないので今回も思い通りの構図がとれず撮影に苦慮しました。

170206_2
170202_2 170203_2 170214_2
170205_2 170219_3
170301_5
170302_2 170304_2 170305_3 170307_3

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

天涯の花

08/16     四国という不整長方形の二つの核心に、山骨稜々とした厳父的な石鎚山と豊かなふくらみを持った慈母的な剣山がある。
1997年、剣山にトライした時、初見したのが、宮尾登美子さんの「天涯の花」で紹介されているユキノシタ科のキレンゲショウマ(黄蓮華升麻)でした。今年も樹芸センターに咲き始めました。
160201 1603
1615
160204 160205

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

北冷西暑

08/15   山背風の影響で北冷西暑のお盆が続いてます。今日は72回目の終戦の日、全国各地で先の大戦で犠牲になった約310万人を悼みます。お盆の時期になると、いつも思い出が走馬灯のように駆けめぐって、何から書けばいいのか・・・。8歳だったが、悲惨な戦争模様の一端を知っているだけに、核兵器削減条約締結を願っていたが・・・近時激しくトランプ&ブタとのきな臭い匂いが気になってならない。すずらん丘陵公園に今年もレンゲショウマが咲き誇っておりました。
222_1024x768 205_1024x768
108_768x1024 110 112_768x1024
219_1024x768 209_1024x768

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

2017山の日

08/11   山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する日として制定された、国民の祝日「山の日」です。道警によると山岳遭難は例年8月に多発しており、山の日の今日、道内に九つある日本百名山で登山者に注意を呼び掛ける。朝から山の日、特集番組が放映され、釘付けになりながら、四〇年に及ぶ山歴を述懐していた。数多い山行で心に残る一番は「登るべからずの岩峰・大地の鼓動が生みし岩の山⇒剣岳」・・・・・近時、和んだ山行として「西別岳⇒摩周岳」で、特に西別小屋管理人の加藤利助さんとの四方山話が懐かしく甦ってきました。
002 20170811008 0811007
001
05 02 09

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

立 秋

08/08  7月はフェーン現象の影響によって沖縄より気温が上る猛暑に見舞われた日々が続きました。毎年8月7日頃から立秋で、あいさつ状も暑中見舞いから残暑見舞いとなり、暦も秋に変るのでタイトルにも気配りしてみました。今日から始まった第99回全国高校野球選手権大会開会式で、北北海道代表、滝川西高、キャプテンの選手宣誓に感涙しながら観続けておりました。立秋に入ったことで、アサガオの開花時間が早まり秋の訪れが感ぜられる昨今です。「流星」、「西瓜」、「朝顔」など初秋の季語が残暑のなかで一層、引き立ちそうです。
0808005_2 0808001_3 0808006_2
0808002_2 0808004_2 0808003_2
Img_8571 Img_8572 Img_8580

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

夜の秋

01
08/06     今日は、原爆の日、廣島に72年目の暑い夏がやってきました。7月は記録的な猛暑が続きましたが、葉月に入って間もないが、このところ凌ぎやすく、立秋前に夏から秋へと移りゆく季節を感じています。
080601

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

涼 風

08/03   暑い時期には、ほんの少しの涼風(すずかぜ)でもより心に残ります。葉月に入った途端、初秋がまだ先なのに、夏の涼しさに比べて、「新涼」や「初涼」と呼んで区別てきそうな、より鮮烈でさわやかな感じがします。
今年も滝野すずらん丘陵公園の「蓮華ショウマ」の開花撮りの下見に出向いた。昨夏は8/10適日でしたが今夏は8/13以降が適期と思われました。漸く探し求めて撮ってきました、ご笑覧ください。

04 02
09 06 12

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

8月朔日

08/01  今日は、何の日・・・ 水の日、洗濯の日、肺の日、麻雀の日、花火の日、パインの日、・・・そして「八朔・田の実の節句」に目が止まりました。8月朔日(さくじつ) ⇒ (一日・ついたち)の略。徳川家康の江戸入城の日とも重なり、江戸幕府の重要な式日であったようです。
8月葉月に入りますと、暑さもピークを迎えます。短い夏を謳歌するように夏祭りや海開きなど、様々な行事が目白押しで、涼を求めて人々は賑やかに集います。夏の花火は、厳しい暑さをひととき忘れさせてくれます。台風5号の影響が気になってきました。月半ばには、早くも北から秋雨前線の南下で季節の入れ替わります。ひまわりとコスモスが同じ風で揺れる様に、夏から秋へバトンタッチがされることだろう。
04_2 03_2 05_2
02_2 01_2
06 08 07

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

朝 顔

02
07/29   子供たちの夏休みといえば、涼しさを誘うアサガオでしょうか・・・・・数十年前の夏休みの宿題、観察日記を懐かしく想い出され、毎年アサガオを植えて、毎朝、アサガオとの挨拶から1日が始まっております。今年は種を蒔いて育てました。アサガオの咲く時刻は日没から10時間後に花を咲かすようで、私の就寝は10時頃で7時間後に小用あって起床する時間と同じ頃で、毎朝、競走しているようで楽しみにしております。季節とともに、早起きになるアサガオの開花時間には叶わなくなりますね。今の処、毎朝、風鈴の奏でる音と、アサガオに暑い日は癒されております。
072802

| | コメント (0)

2017年7月27日 (木)

雲 の 峰

07/27   目をやると、いつの間にか雄大な雲の峰が聳えております。いよいよ本格的な夏に入り、今日は厳しい暑さをひととき忘れさせてくれそうな「スイカの記念日」水分の多いスイカは熱中症予防にも効果的な食べ物で食塩かけるとスポーツドリンクに変身するので一度食することにした。
外出した序に樹芸センターを訪れたら、夏椿が今が旬とばかりに咲いていた。平家物語の一節「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必滅の 理をあらはす」・・・
ここで読まれている沙羅双樹の代用として日本では「夏椿」を植えられ、その理由は1日しか花を咲かせない性質に人生の儚さが感じられるからや、葉っぱが沙羅双樹と居ていることからなど、諸説があるようです。ネット検索したら滋賀県草津市立水性植物園に本物の沙羅双樹があることが分かりました。 お花は余り似ていないと思われた。

072602 072603
Img_8396
072601_2

| | コメント (0)

« 土用丑の日