2019年8月17日 (土)

台風一過

● 大型台風10号は16日夜、日本海を北上し温帯低気圧に変り、
  勢力を維持したまま、17日午前に北海道周辺を通過した。
● 16日道内全域で大雨や暴風なと大荒れの天気になり、
  8市町村で108人が避難したほか、交通機関も大きく乱れた。
  札幌し中央区の降水量16,5ミリを観測した。
● 雨の止んだ明け方目覚め、有明の月を撮ってみた。台風一過で秋晴れ、
  夏の雲は岩の如く、秋の雲は砂の如く、季節のうつろいを空から感じております。

8170011 8170022-1  
817003-1 81006
Dsc00035-800x533 Dsc00037-800x533 Dsc00039-800x533

 

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

禊 萩

● お花の好きな母でしたから、きっと禊萩に乗って戻ってくることてしょう・・・
  盆花、精霊花と呼ばれる、禊萩・・・今が旬の「蝦夷禊萩・エゾミソハギ」を
  愛でながら撮ってきました。
● エンビセンノウ ⇒  北海道と本州中部地方に分布、山地の湿地などに非常に
  稀に生える多年草。花期は8月、開発による自生地の消失や盗掘被害により、
  絶滅の危機に瀕している。
● 撮影場所・・・ 札幌・滝野すずらん丘陵公園 
1331-800x600 1326-800x600 

1339-600x800 1321-600x800 1338-600x800
1329-800x600 1335-800x600
1303-800x600 1304-800x600 1309-800x600



 

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

回想・山の日

● 今日は、2016年(H28年)改正祝日法で新設された「山の日」です。
  永年、自然や山の恩恵に感謝しながら続けた強く印象に残る山行を
  振り返ってみた。
● 1992、2013年の二度のスイスアルプス・ハイキングに参加。
● イタリヤとの国境沿いに広がるヴァリスの山々はスイスのシンボル、
  マッターホルンを中心に、北側にあるベルナー・オーバーランドには、
  アイガー、メンヒ、ユングフラウなどの名峰がある。
● アルプスの数ある名峰のなかでひときわ存在感のある山、マッターホルン。
  リッフェルゼーに映る逆さマッターホルンは有名です。
● 北アルプスの南の重鎮を穂高とすれば、北の俊英は剱岳であろう・・・。
     剱岳は北アルプスで随一と言える確固として姿で見る者を圧倒する。
  1998・08 先輩ご夫婦と3名で、山岳救助隊の厳しいアドバイスを受けて、
 「大迫力の岩と雪の殿堂」を目指して果敢に挑戦して完登する。
 081003

081005 081001
081002

 

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

涼 風

● 暦の上ではもう秋でが、新涼の候・・・と書き始めのはまだ先のようです。
● 行き合いの空を眺めながら、夏から秋へと移りゆく季節も感ぜられます。
● 朝顔は日没10時間後に花が咲きます。8月下旬の日没は18時半、
  午前4時半には咲きます。
● 台風8号崩れで、細雨が降ったり止んだりの悪条件でしたが、
  雪印種苗薔薇園を訪れました。

81002 81001
81004
81008 81009
81013
81016 81018







 

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

白 雨

● 急に白雨が降ってきました。おかげで、地面のほとぼりを少し冷ましてくれそうです。
     68年振りの10日連続真夏日は去り、今夜は、寝苦しさから解放され、夜の秋を
  感ぜられることでしょう・・・。
● 連続して襲ってくる台風、8号が温帯低気圧に替わった影響で朝から雨降りになり、
  繰り上げてのお墓参りを延期した。この後の9号、10号も北上してきているので、
  お盆のお墓参りが心配される。

080301 080307
0806005
080507 080509

 

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

連続真夏日

● 8月6日「原爆の日」、被爆から74年目のヒロシマは熱い日になりました。
  令和になって初めとなる「平和宣言」・・・核兵器廃絶へ国際的な協力体制の
  構築する必要性を訴える市長。
  「おかっぱ頭から流るる血しぶきに 妹を抱きて母は阿修羅に」
  実況でこの短歌が盛り込まれ、原爆がもたらした惨禍がより痛く刺さりこんだ。
● 札幌は29日から連続8日間の真夏日が観測され、週末ごろまで継続予報。
    今日から始まった夏の甲子園、第101回全国高校野球選手権大会、
  暑さに負けず郷土代表2校の活躍を念願している。
● まだまだ暑い日が続く今夏、孫から心温かい結構な品が届きました。
  「宇治茶 伊藤久右衛門 京都 ・ 涼菓六角箱」。

080301-1
800x321
080508 080505

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

行 水

● 酷暑のみぎり、行水でもできたらどんなにさっぱりするだろうと
  思いながら過ごす日々です。
● 日の暮れの涼風に、ほっとするひと時です。
● 暦の上ではもう直ぐ秋ですが、新涼の候・・・と書き始められるのは
  まだまだ先のようですね。

080302-1
080313 080314
080312


 

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

8月 葉月

● このところ記録的な酷暑、「招涼の珠」があればなどと思ってしまいます。
 山行で渇き切った喉を湧水をすくった時の鮮明な冷たさ・・・招涼の珠が宿っているのでは・・・あれから何十年・・・。
● 梅雨がないと言われる北海道・・・令和最初の夏、特に本州からのお裾分けを受けて無縁ではなかった。
● 「連続熱帯夜」29日夜から30日にかけて数年振りの熱帯夜が観測され、寝苦しい夜と日中の酷暑にぐったり・・・。
● 札幌気象台より、この後1週間ほど夜を含めてこの暑さが続くとみて、熱中症に注意を呼び掛けている。
● 昨日、関東地方に続いて東北地方北部が梅雨明けになり、北海道の天気も安定してきます。
● 「8月葉月」暑きもピークを迎える月です。短い夏を謳歌するように夏祭りや花火大会が盛大に行われます。 
 そして、月半ばには、北から秋雨前線が南下し、季節は入れ替わります。
● ひまわりとコスモスが同じ風で揺れるように、夏から秋へとバトンタッチします。
 7/31 滝野すずらん丘稜公園のレンゲショウマを撮影。

800x566
3123-1 3122-1 3118-1
3113-800x600 3104-800x600
3125-1
3126-1 3129-1

 


| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

猛暑・熱帯夜

高気圧に覆われた道内は29日から猛暑、真夏日となった。関東地方も漸く梅雨明けし全国的に猛烈な暑さが続きそうで熱中症など体調にはくれぐれも気をつけたい。
「土用照り」は豊作の兆しとして喜ばれたというこの時期の迷惑な猛暑も稲の成熟には
欠かせない・・・「土用十日後先照れば豊作」と言う諺がある。まだ続く予報の猛暑、二夜5年振りの「熱帯夜」となり三日目の朝を迎えた。

280428032802
Photo_20190731023801
2805 2807 2808


| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

暑さの言葉

暑さを表す気象用語
「夏日」最高気温25度以上、「真夏日」最高気温30度以上、
「猛暑日」最高気温35度以上「熱帯夜」最低気温25度以上です。
お湿り程度の昨日の降雨が「送り梅雨」になったようで、今日は朝から高温情報で
熱中症の注意が呼びかけている。
道内は道東を中心に気温が上昇し、5月下旬以来となる猛暑日を観測(足寄・浦幌町)。
全道66観測地点で30度以上の「真夏日」となり、熱中症疑えで39名が救急搬送された。
今後1週間は厳しい暑さが見込まれ、札幌気象台が注意を呼び掛けている。
2701 2702_20190728200301
2706 2705
2703_20190728200301 2704_20190728200301

| | コメント (0)

«送り梅雨